最新情報

朝日新聞 朝刊に掲載されます!!

朝日新聞 連載 「ろう者の祈り 2」
【3月15日(水)〜18日(土) 朝日新聞 朝刊 経済面】

明日15日(水) から、朝日新聞の連載が始まりますので、ご案内いたします。
障害者の法定雇用率がアップし、聴覚障害者が一般企業へ事務職として採用される機会が増えました。
しかし企業では、聴覚障害者に対する理解がまだまだ足りません。筆談さえすればOKだと思っていたり、飲み会の席では情報保障がなかったり。
でも、聴覚障害者の方から会社に対して「もっと配慮してください」とは言えず、結局我慢して泣き寝入りすることになってしまいます。
そういう問題点を、社会に知ってもらうための連載です。

詳しくはこちらをご覧ください。

テンダー手話教室 読み取り教材DVD 第一弾

日本初 読み取り教材DVD 完成!

手話通訳士&日本語教師が動画を何時間も繰り返し見て、ろう者が表す、すべての手話表現を書き出しました!

DVD45分&解説本35ページ
 ⇒セット価格 3,800円(税込)

詳しくはこちらをご覧ください。

お願い「日本語講座 日程変更」

3月16日(木) 19:30〜21:30 「ビジネス用語」
仕事の都合で、日程を変更させていただきたいと思います。

☆変更前
3月16日(木) 19:30〜21:30 「ビジネス用語」
★変更後
3月23日(木) 19:30〜21:30 「ビジネス用語」

お時間と内容は、変更ありません。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いいたします。

2月2日(木)の「聴覚障がい者のための手話で行う日本語講座」

本日2月2日(木)の「聴覚障がい者のための手話で行う日本語講座」は、「格助詞(1) を・に・へ」を行います。

手話通訳・手話指導の仕事の関係で、年間スケジュールが、まだ確定せず申し訳ありません。 決まり次第、アップいたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2017年 聴覚障害者のための手話で行う日本語講座

今年の日本語講座の第一回 は、1月19日(木) 「聴覚障害者の誤用例 入門」を行います。
第二回は、2月2日(木)です。
第二回以降のスケジュールは、近日中にアップいたします。

★「聴覚障害者のための手話で行う日本語講座」は、2009年に開講し、今年で9年目となります。
聴覚障害者のみなさまが、自信を持って日本語の文章を書き、社会の中で十分に力を発揮できますよう、心を込めてお手伝いをしていきたいと思っております(*゚▽゚*)

過去のNEWSを見る

テンダー手話教室のご案内

手話を学び、"優しい"心で聞こえない人に接してほしいという願いを込めて、"Tender(優しい)"と名付けました。
初めて手話を学ぶ方、以前に習った手話を忘れないために続けたい方、忙しくて地域の講習会に通えない方…どなたでも大歓迎です! 無理なく、楽しく、手話を学んでみませんか?

手話イベント

昨年に引き続き、今年もアトレ吉祥寺で手話イベントを行いました。

手話クイズ、挨拶の手話、自己紹介の手話、ロンドンオリンピックに関連した手話を学んだあと、最後は会場の皆さんとご一緒にZARDの「負けないで」を手話で歌いました。

手話イベントの模様を動画で掲載していますので、ぜひご覧ください。

手話イベントの模様(動画)はこちらをご覧ください。

テンダ−手話教室の特徴

  1. 同じ内容を表すのに、手話と日本語では表現が違うことに気づきましょう!
  2. 日本語⇒手話、手話⇒日本語へ通訳するとき、どの部分を省き、どの部分を加えればよいか、悩むところだと思います。手話通訳士であり、日本語教育能力検定試験に合格したプロの日本語教師である鈴木講師と一緒に考えましょう!
  3. 表現力豊かで、人気のあるろう講師の手話を見て、目から学び、自然な手話を身につけましょう!

2011年9月3日(土)アトレ吉祥寺

教授法

この教室では、過去最も効果のあった外国語教授法と言われる"ASTP"(Army Specialized Training Program/アーミー スペシャライズド トレーニング プログラム 陸軍特別訓練プログラム)を参考にしています。