テンダー手話教室のテキストと教授法

テキスト

初心者の方

「サポート手話」表紙

「サポート手話」(UDジャパン)1,200円+税

中級の方

「手話技能検定 公式テキスト 3・4級 改訂版」
(JMAM)2,600円+税

上級の方

「文法が基礎からわかる日本手話のしくみ」(大修館書店)1,200円+税

  • それ以外に資料のコピーなどを配布いたします。(無料)
  • 読み取り用の教材(ビデオ)を使って、読み取り練習もいたします。

テンダー式 言語教授法「テンダーメソッド」

教授法の表紙の写真

以前学んだ「教授法」の本を読み返し、18世紀から20世紀までの様々な外国語教授法を改めて勉強しました。
それをもとにテンダー式の言語教授法「テンダーメソッド」を確定しました。

「テンダーメソッド」

  1. 1 「幼児が母語を習得する」のと、「成人が第二言語を習得する」のは根本的に異なる
  2. 1 学習者の母語(または媒介語)で「日本語・日本語対応手話・日本手話」の文法や構造の違いをキチンと説明する
  3. 1 語彙を増やすことを重視する
  4. 1 ネイティブの表現を模倣する 〜読み取り教材用DVDのシャドーイングを実践〜

★この勉強法のおかげで、私でも手話通訳士試験に1度で合格できたのだと思います。ぜひ、ご一緒に始めましょう!